• Engineer Life Interview

  • アド・ソアーのエンジニアに聞く!

バイク部品の生産ラインに組み込まれる、
計測機器や検査装置などの開発に挑む、
エンジニアの仕事とは?

高橋大助 Daisuke Takahashi
東北支店 リーダー
2009年入社

プリンタのソフト開発を請け負う会社を経て、アド・ソアーへ。入社後も前職の経験を活かし、オフィス用プリンタのソフトウェア開発に携わり、その後、自動車部品メーカーの生産ラインに組み込まれる機器や装置の開発を手がける。趣味は、山登りと映画と読書。祖父の教え「人生は自分との戦いだ」を信条とする。夢は、大型バイクの免許を取得して、世界各地へ、ツーリングに出かけること。

Profile

面談中に、前向きに働く勇気をもらいました。
ここでなら、いい形で再スタートが切れると思えたのが、
入社の決め手です。

高橋大助

・・・アド・ソアーへの入社理由は?

転職先としてプリンタのソフト開発の経験を活かせる場を探し、出会ったのがアド・ソアーです。折しも転職活動中は、リーマンショック後の厳しいタイミング。でも、当社には悲壮感はなく、面談中に、前向きに働く勇気をもらいました。ここでなら、いい形で再スタートが切れると思えたのが、入社の決め手です。転身後は比較的スムーズに、この世界に馴染めたと思います。

・・・現在の仕事は?

ある自動車部品メーカーの技術部門に技術支援エンジニアとして参画しています。主にバイク部品の生産ラインに組み込まれる計測機器や検査装置や治具などの開発に携わっています。心臓部であるECU(エンジン・コントロール・ユニット)をチェックする試験機なども手がけ、幾つもの開発案件を抱えています。ソフトウェア開発が中心ですが、明確な境界線はなく、ハードウェア開発などにも関わり、試作機づくりも手がけ、まるで実験工房のような場所で、日々トライアルを繰り返しています。

製品のクオリティに関わる仕事ゆえ、
プレッシャーのかかる毎日ですが、
それが逆に大きなやりがいとなっています。

高橋大助

・・・仕事の面白さは?

一つひとつの開発案件が、すべてオリジナルだということです。要件定義から設計、試作、完成まで、毎回、チャレンジの連続です。そして完成したものは、生産ラインにおいて極めて重要な役割を果たします。製品のクオリティに関わる仕事ゆえ、プレッシャーのかかる毎日ですが、それが逆に大きなやりがいとなっています。また、ハードからソフトまで、トータルに関わることができ、機械系エンジニアリングおよび電子系エンジニアリングにおけるスキルの幅を広げ、深めることができるのが、何よりの醍醐味となっています。

・・・喜びを感じるときは?

市販のバイクからレース用のバイクまで、多彩なモデルの製品化を支える仕事ですからね。街中で、自分が関わったモデルのバイクを見かけると、やはり嬉しいものです。また、発売前の新型モデルにいち早く関われるのも、大きな喜びです。

開発記録から得たものが、自分の骨となり、血となり、
という実感があり、ここからも全てを学び尽くしてやろう!
という気持ちで、深く、丹念に読み込んでいます。

高橋大助

・・・エンジニアとして飛躍的に成長できた時期は?

プリンタのソフトウェア開発時代もそれなりに成長を果たせたと思いますが、やはり今が、私にとっての飛躍的な成長期だと思います。ソフトウェアという専門領域を軸に、機械系・電子系の知識と技術も含めて、幅広く学べる絶好の機会になっています。しかも周りには、経験豊かな先輩エンジニアが沢山おり、彼らから得るものも多く、今こそが自分にないものを貪欲に吸収できるチャンスだと思っています。

・・・仕事をする上で大切にしていることは?

過去の開発記録を読み解くときに、絶えず学ぶ意識、考える意識をもって臨むようにしています。そこには、開発のヒントはもちろん、先人の工学思想なども読み取ることができ、私にとっては、かけがえのない教科書のようなものとなっています。開発記録から得たものが、自分の骨となり、血となり、という実感があり、ここからも全てを学び尽くしてやろう!という気持ちで、深く、丹念に読み込んでいます。

全員が集まるミーティングの場において、
自分から提言して、チャレンジ構想を練る機会を設け、
みんなで夢の共有を図りたいと思います。

高橋大助

・・・今後のチャレンジテーマは?

まだまだ、今の開発現場で、知らないこと、経験してないことが、沢山あります。だから、まずは今のところで、勉強を続けることが第一です。そして、ここで培ったものを、後輩に伝えながら、技術の継承によって、機械系・電子系に通じるエンジニアの層を厚くできれば、と考えています。そうすれば好調な自動車業界に、多くの技術支援メンバーを投入でき、アド・ソアーの事業規模の拡大にもつながるはず。私も今や中堅の位置づけですからね。自分のキャリアをベースにして、いかに会社に貢献できるかというビジョンを思い描き、具現化していきたいと思っています。

・・・アド・ソアーの未来は?

技術支援サービスメンバーとして、多くのエンジニアが、さまざまな企業の開発の現場で、日々研鑽を重ねています。それぞれがキャリアを重ね、スキルを磨き、ある成熟期を迎える、そのときに、みんなの能力を束ねて、何らかの挑戦がしたいと、私は考えています。それが自社開発プロジェクトになるのか、新しい事業創造になるのか、今はわかりませんが、必ず一致団結してチャレンジすべきときがくるはず。そんな未来に向けて、これからは、全員が集まるミーティングの場において、自分から提言して、チャレンジ構想を練る機会を設け、みんなで夢の共有を図りたいと思います。

高橋大助