• Engineer Life Interview

  • アド・ソアーのエンジニアに聞く!

クラウド型ビジネスアプリケーション、
Salesforceの受託開発を事業化する
エンジニアの仕事とは?

生内 恵 Megumi Obonai
ICTセクション Salesforceチーム
2014年入社

技術支援先で、クラウド型ビジネスアプリケーション“Salesforce”の開発スキルを磨き、現在は社内にSalesforceチームを立ち上げ、事業化の準備をしている。また、社内システムの開発にも携わる。趣味は、街歩き。春夏秋冬、季節の変化を感じながら、近所を散歩する。座右の銘は「愛嬌というのは、自分より強いものを倒す柔らかい武器だよ」by夏目漱石。夢は、古き良き日本の文化をめぐる、全国各地への旅の実現。

Profile

誠意を感じました。
そして、ここでなら自分らしく生きられる。
そう確信して、お世話になることにしました。

生内 恵

・・・アド・ソアーへの入社理由は?

私が通う情報系の専門学校の先輩がアド・ソアーに勤めていたこともあり、その関係で学校に求人がきて、興味を持ったのがきっかけです。入社の決め手は、人事担当者の「あなたのキャリアスタートを全力で応援します。そして成長を見守りながら、いつでも良き相談相手であり続けます」という言葉。誠意を感じました。そして、ここでなら自分らしく生きられる。そう確信して、お世話になることにしました。

・・・実際のキャリアスタートは?

6ヶ月に渡る新人研修の充実ぶりは、今振り返っても、私のキャリアスタートを強力に支えてくれるものでした。その後、テスト案件の仕事を3ヶ月ほど手がけて、業務支援や営業支援のアプリ開発の現場へ。ここではもう即戦力の位置づけで、設計からプログラミング、そしてテストまで一貫して担当する機会を与えられ、日々スキルアップできる環境の中で、成長できました。また、革新的なクラウド型ビジネスアプリケーションとして注目されているSalesforceを用いての開発プロジェクトにも参画して、このアプリ開発のスキルを集中的に身につける機会も得ました。その間、わずか3年。ICTエンジニアとして非常に恵まれたスタートを切れたと思います。

Salesforceのカスタマイズ開発において、
優れた能力を発揮するチーム編成をして、
事業化することが私のミッションです。

生内 恵

・・・現在の仕事は?

私は今、社内に新たに発足したSalesforceチームの創始者として、受託開発ビジネスの準備をしています。Salesforceは今、世界最大のシェアを誇るCRM(顧客管理)ソフトウエア。全世界で10万社の企業が導入しています。営業、マーケティング、コールセンター、企画・開発などさまざまな領域で活用できる機能を多数備えており、各社のニーズに応じて柔軟なカスタマイズが可能。このカスタマイズ開発において、優れた能力を発揮するチーム編成をして、事業化することが私のミッションです。

・・・事業化成功の見通しは?

技術支援先からの委託契約なども含めて、事業計画を練っているところです。当面は、一つひとつ開発実績を積み重ねていくしかありません。小規模な案件や機能追加案件から始めて、徐々にチーム規模を大きくしていきたいと考えています。Salesforce自体が優れたものなので、これを各社の実情に合わせて、どう活かすかが、肝です。いわゆる経営戦略コンサルとしての視点や能力も問われると思うので、自ら勉強しつつ、そういった資質を持つメンバーも加えてのチームづくりができれば、成功への道筋は見えてくると思います。

まさか自分が事業化を任される立場になるなんて。
こんな意外な展開も当社ならではのことです。
こうなったら、この成り行きを楽しむしかありません。

生内 恵

・・・仕事の面白さは?

入社4年目にして、まさか自分が新たなチーム編成、そして事業化を任される立場になるなんて、考えてもいなかったので、少々戸惑っています。でも、一方で、新たな挑戦ができることに対して、ワクワクする感情も芽生えています。こんな意外な展開も当社ならではのことです。こうなったら、この成り行きを楽しむしかありません(笑)。

・・・他のミッションもありますか?

現在、社内システムの開発にも参画しています。技術支援先と当社エンジニアのマッチングをはかるシステムの抜本的改修を行っています。また、技術支援サービス契約が満了した社員の管理もしています。これらの任務を通じて見えてきたもの、それは当社のエンジニアたちの多彩さと、それぞれの経験の厚みと能力の高さです。彼らのスキルを融合して活かすユニークなチームが幾つも編成できるのではないでしょうか。これなら私のSalesforceチームの編成も、きっとうまくいく。そう確信できるようになっています。

エンジニアとして生きる道も多彩で、
しかも思わぬ展開もあって、その成り行きを
楽しめるのも当社の良いところかもしれません。

生内 恵

・・・今後のチャレンジテーマは?

まずはSalesforceチームの編成です。そして開発実績を重ねて、Salesforceの開発なら、アド・ソアーの、あのチームに!と言われる存在になることが当面の目標です。さらには私たちがカスタマイズ開発したSalesforceによって、お客様の営業成績も上がり、それによって売上アップにも貢献するのが理想です。チャレンジするからには、絶対に成功したいと思っています。

・・・アド・ソアーのエンジニアとして生きる魅力は?

エンジニアとしてのモチベーションを高く維持できる環境が整っています。技術支援にしても、受託開発にしても、自社開発にしても、そして私のように事業化を任されるケースにしても、常にチャレンジングな姿勢で仕事と向き合える環境に身を置けるので、ごく自然にスキルアップしていけます。また、エンジニアとして生きる道も多彩で、しかも思わぬ展開もあって、その成り行きを楽しめるのも当社の良いところかもしれません。

生内 恵