• Engineer Life Interview

  • アド・ソアーのエンジニアに聞く!

技術支援サービスを通じて、
さまざまな開発プロジェクトの推進力になる、
ICTエンジニアの仕事とは?

藤田丈一郎 Joichiro Fujita
ICTセクション エンジニア
2014年入社

入社以来、自ら「できるだけ多くの開発プロジェクトに挑みたい」という要望を出し、多彩な現場での経験を積み重ねている。また、仕事以外でも、有志とともにロボコンへの挑戦を続け、そこでのスキルアップを目指している。趣味は、心身をストイックに鍛えるためのボクシングと、仕事仲間と楽しむテニス。興味があることに対しては純粋に向き合い、ライフワークとして、とことんやり続けることをモットーとする。

Profile

先輩エンジニアたちの生き方に共感。
一人のプロフェッショナルとして誇りをもって生きている、
その姿をシンプルに格好いいと感じて入社を決意しました。

藤田丈一郎

・・・アド・ソアーへの入社理由は?

高校時代からプログラミングに興味があり、すぐに実務を学びたいと思って、情報系の専門学校へ。アド・ソアーを選んだのは、先輩エンジニアたちの生き方に共感できたからです。いろいろな開発プロジェクトに参画して、貪欲にスキルアップを果たしながら、一人のプロフェッショナルとして誇りをもって生きている、その姿をシンプルに格好いいと感じました。そして素直に自分も彼らに続こうと思えたのが、入社の決め手です。

・・・今までの経歴は?

6ヶ月の研修では、専門学校でスキルを磨いたこともあり、同期の中ではリーダーシップも発揮できたと思います。研修の最終段階で挑む模擬開発においても、講師に高く評価され、それが最初の技術支援先にも認められ、いきなり開発プロジェクトのメンバーに加わるというキャリアスタートを切りました。電子証明書の発行管理をするwebシステム、アンケート集計を管理するソフト、保育園の業務支援webアプリ、ファイル管理ソフトなどの開発を手がけ、そして再び、保育園の業務支援ソフトの追加要件の開発へ。入社4年目にして、webアプリの開発からクライアント側のシステム開発まで、そして新規開発案件から改修案件まで、多彩なプロジェクトへの参画機会を得て、スキルの幅を広げています。

仕事の面白さは、プロジェクトを成し遂げる度に、
新しい知識や技術を習得でき、
設計・プログラミングスキルも高まっていくことです。

藤田丈一郎

・・・仕事の面白さは?

振り返ると密度の濃い日々を過ごしてきました。自ら「できるだけ多くの開発プロジェクトに参画したい」と主張して、その想いを叶えてもらっています。仕事の面白さは、プロジェクトを成し遂げる度に、新しい知識や技術を習得でき、設計・プログラミングスキルも高まっていくことです。各開発現場には、いろんなタイプのエンジニアがいて、彼らから学ぶことも多く、当面は貪欲に吸収しながら、自らの成長実感を楽しんでいけたら、と思っています。最近は、要件定義の場に身を置く機会も増えてきたので、プロジェクトリーダーの言動、行動に注目しながら、上流工程におけるノウハウをフルに吸収するよう心がけています。

・・・先輩エンジニアから学ぶこととは?

プロジェクトマネージャーのチームビルディングの巧みさに、学ぶべき点が多いです。随時、課題を明確にしながら、それを共有して、常に方向性をメンバーに伝えながら、チームをまとめあげていく、その手腕に注目しています。私も将来的にはマネジメントの仕事に挑みたいと思っているので、“理想のチームビルディングとは?”という視点でチームの動きを感じながら、そこから学ぶ姿勢を持ち続けたいと考えています。

中長期のマイルストーンも設定して、
そのために今、何をするべきか、何に挑むべきかを考え、
行動するようにしています。

藤田丈一郎

・・・エンジニアとして、いちばん成長できた時期は?

入社以来、ずっと成長を実感しています。ICT業界では、自分次第でいくらでも成長できると私は思っています。日々技術革新が進む世界なので、それこそ学ぶ姿勢がなければ、あっという間に置いていかれます。逆にスキルアップの意欲が高ければ、驚くような自己変革を果たせるはずです。現に私は入社4年目ですが、入社時には想像しなかったスピードで、自己成長を続けています。このまま行ったら、どこまで自分を高められるのか、楽しみな気持ちでいっぱいです。

・・・仕事をする上で大切にしていることは?

絶えず課題を意識することですね。そして課題を克服したら、さらに上位レベルの課題を設定して、それをクリアしていく。その繰り返しによって成長できると考えています。また、中長期のマイルストーンも設定して、そのために今、何をするべきか、何に挑むべきかを考え、行動するようにしています。現状のマイルストーンは、技術リーダーになること。その先のマイルストーンは、プロジェクトリーダー。10年後には、大規模プロジェクトを主導できる自分をイメージしています。

さまざまな技術支援先で経験を積み重ねている、
アド・ソアーのエンジニアたちのパワーを束ねたら、
きっと面白いチャレンジができる!と私は確信しています。

藤田丈一郎

・・・今後のチャレンジテーマは?

C言語に加えて、JAVA、C♯など、さまざまな開発プロジェクトへの参画を通じて、プログラム言語の幅も広がっています。もちろん今後も多彩な言語を習得していきたいと思います。また、アド・ソアー独自のチームを編成して、自らマネージャーとして次々とプロジェクトを主導すること、それが私の将来的なチャレンジテーマです。さまざまな技術支援先で、経験を積み重ねているアド・ソアーのエンジニアたちのパワーを束ねたら、どんなことができるのか、今から楽しみです。というより、きっと面白いチャレンジができる!と私は確信しています。

・・・アド・ソアーのエンジニアとして働く魅力は?

充実の毎日を過ごしていますからね。不満はありません。改めて、アド・ソアーとの出会いと、今、ここにいる運命の導きに感謝しています。いちばんの魅力は、いつも一人のエンジニア、一人のプロフェッショナルとしての自分を明確に意識できること。大きな組織の歯車になると、その意識は曖昧になると私は思っています。もちろん、そういう生き方もありますが、私は“自分らしさ”を大切にしていきたい。これからも自分の強みを磨きながら、各方面から求められる存在であり続けたいと思います。

藤田丈一郎